ウーマン

整形で目元は変えられる|瞼のイメージチェンジを狙う

印象を決めるのは目

注射器

目的に応じた施術を

目元の印象を変える施術には様々なものがあります。目的に応じて選ぶことで、理想の目元を実現することができます。ただし、整形というと大がかりな施術が必要だというイメージが強く、影響や痛みが怖いと躊躇してしまう人も多いようです。中にはメスを使わない整形方法もありますので、カウンセリングで相談してみることが大切です。二重にしたいがメスを入れるのは怖いという場合、埋没法が便利です。まぶたの裏側から二〜三か所細い糸で縫いとめることにより二重を作ります。手術とはいってもかかる時間は十分程度ですし、入院も必要ありません。長く経過してしまえば無理ですが、二ヶ月以内なら修正も行えますので、気軽に受けることができます。気になる料金は片目につき五万円程度ですが、大概は両目とも行いますので十万円位になります。腫れぼったい目元の人には、切開法が適しています。切開法にも小さく切開するタイプと全切開法とがあり、これは個々の状態によってどちらが適しているのかが異なります。切開法の料金は受けるクリニックによって大きな差があり、十万円程度でできる所もあれば三十万円位かかる所もあります。埋没法と比べると手術に要する時間はやや長くなり、三十分は必要です。すっきりとした目元を作りたい時に最適の整形であり、受けた後の印象は大きく変わります。この他にも離れた目元を少しでも近づけたい、まぶたや目の下のたるみを取り除きたい等の様々な悩みを解消してくれる方法がたくさん用意されています。

理想の形にできるのは

目元の整形の中でもメスを使わない埋没法は人気があります。施術を受ける人の身体的な負担が少ないだけでなく、仕上がりも自然だからです。あまりにも大きく印象が違ってしまうと整形を受けたことをすぐに知られてしまいますが、仕上がりが自然なら誰にも知られることなくイメージチェンジが行えます。また、料金の安さも魅力の一つであり、少ない費用負担で施術を受けられます。施術はすぐに済みますが、糸で縫いとめているだけですので、目をこする癖のある人にはあまり向いていません。腫れぼったい目の人は埋没法では理想の形に近づけることが難しいケースもあります。その場合でも、小さな切開で済めば負担は軽くなりますので、ミニ切開法を選択する人もいます。切開とは言ってもごく小さな部分なら回復は早いですし、理想の二重も作りやすくなります。埋没法では実現できない幅の広い二重を作れるのが埋没法であり、脂肪を取り除くことでくっきりとした二重が手に入ります。目の幅が狭い人に人気なのは、目尻切開法です。目尻を切開することにより目の幅が広くなりますので、ずい分大きくなったように見えます。費用は三十万円ほどかかりますが、白目部分が大きくなることにより優しい印象を与えますので仕上がりに満足しやすいようです。まぶたや目の下のたるみを改善するには、瞼切切開法が有効です。たるんだ皮膚を切り取って縫合することでたるみが解消され、若々しい印象を与えます。結果に満足できなければ、修正することもできます。

Copyright © 2016 整形で目元は変えられる|瞼のイメージチェンジを狙う All Rights Reserved.